ガジェット

2023年コスパ最強スマホ『Pixel7a』 中期レビュー


中価格帯ながら必要な機能全部乗せ、万人におすすめできるコスパ最強スマホ、Google Pixel7aを購入して1ヶ月が経過した時点でのレビューをお届け。

『Pixel7a』のカタログスペック Pixel6a Pixel7との比較

pixel7aのディスプレイはとても美しい。

Pixel6aからの特筆すべき変更点は、まず第一に単純な処理性能の向上が挙げられる。プロセッサがTensor G2にアップグレードし、メモリも8GBに増設されたことによりカタログ上では上位機種のPixel7aと全く同じ性能となった。

また、90Hz表示、ワイヤレス充電、顔認証の対応によって利便性も大幅に向上しており、この点においてもPixel7と遜色無い性能になっている。

さらに、カメラ性能においては数値上においては両機種を大幅に上回っておりこの機種に対するGoogleの本気度が伺い知れる。

『Pixel7a』の実際の使用感について

Pixel7aのサイズ感はこんな感じ。

カタログとのにらめっこはほどほどに、実際の使用感を伝えたい。

普段使いにおいてストレスを感じることはまずない、レスポンスはすこぶる良好、さすがの本家本元Google様なのだが、原神のような重たいアプリゲームは軽量化設定をしないと厳しい。

顔認証も非常に快適で、指紋認証しようとした瞬間にはもうホーム画面なんてことはザラ。画面サイズはコンテンツ視聴に丁度よく、片手での操作にも困らない、丁度いいサイズ感に収まっている。

ピュアアンドロイドのPixelシリーズにはgalaxy等のような特別な機能は無いのだが、そもそもandroidなのでアプリでカスタマイズすれば無問題。

『Pixel7a』のカメラはスキの無い性能

Pixel7aアウトカメラの性能
Pixel7aインカメラの性能

Pixelシリーズはもともとデジタル補正能力がとっても優秀で、ハード面の性能で廉価モデルと上位モデルとの差別化が図られていたが、カタログスペックが上位機種に追いついてしまったPixel7aはもうスキがありません。

インカメラ(画像下)の性能が前機種から大幅進化したのもうれしい、人も多いことだとろう思う。

まとめ

Pixel7aを普段こんな感じで使っている

Pixel6aからあらゆる面で進化し、Pixel7に迫るスペックを手に入れたPixel7aそれでいて20000円安く買える、正に価格破壊のコスパ最強スマホ。処理性能、カメラ、便利機能、扱い易さ、値段の安さ、スマホに求める全ての要素を満たしてしまった完成形。そんな感じです。